2013年8月アーカイブ

TACのつぶやき その152

ある教育関連会社のリーフレットからの引用。

 

ある北欧の国に住んでいた日本人が帰国することになった。
その時,飼い猫を連れて帰ろうとするとその国の友人は「何時間も狭い檻に閉じ込め,更に長期間検疫に留め置かれるのは動物虐待だ」と主張したらしい。でも誰かに託すことを考えると「今更飼い主が変わるのはかわいそうだ」と反対されたらしい。そして出された対案は「余計な苦痛を与えるのならば,飼い主が責任を持って安楽死させるべきだ」というものとのこと。

 

最終的には,この友人の協力により猫を連れて帰国することができたらしいが,この話が紹介されていたコラムの意図は,個々に価値観があること,そしてその価値観による主張を自分の価値観と統合して問題解決を実現することが大切,というようなものと私は理解する。

 

世の中にはいろんな文化や宗教があり,そして価値観が多様である。
その価値観をぶつけ合うだけでなく,統合と妥協が行われるのであれば,世の中,もっと平和になっているのにね。

 

20130831_DSC_0774.jpg

長崎にて。野良にゃんこが,いっぱいいた。 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月31日 21:23 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その151

今日は,炭酸飲料について。

 

アメリカ・ニューヨーク市に次いで,メキシコでも炭酸入りの清涼飲料の規制が問題になっているらしい。

 

メキシコ市の各所に,
約20オンスの炭酸飲料のそばにスプーン山盛り12杯分の砂糖を置いた写真と「あなたは砂糖12杯分を食べますか?なぜ炭酸飲料を飲むのですか?」と問い掛けている広告が掲示されたとのこと。

 

この背景には,メキシコが最近世界の人口1億人以上の国で米国を抜いて「最も肥満な国」になっていることがあるらしく,肥満に密接に関係した糖尿病の蔓延を防ぐため,まず砂糖が多量に入った清涼飲料がやり玉に挙がっているようだ。

 

ただ,この問題は大手清涼飲料メーカーの思惑など,様々な問題があり,簡単には片が付きそうにないみたい。

 

ただし,この問題は,私たちにはあまり大きな影響を及ぼさないだろうね。
何といっても20オンスは,約600mL弱。なかなかこんな量,飲みません。

 

けれども,何でもそうだが,「過ぎる」とよくないので,ほどほどに。

 

20130830_DSC_2687.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月30日 21:55 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その150

今日は「宇宙戦艦ヤマト」。

 

とうとう劇場版「宇宙戦艦ヤマト2199」が最終章を迎えました。

 

やっぱりこう来ましたかぁ~,や
おっとビックリ!ってシーンまで,イロイロありました。

 

途中,おぢさんもホロリときましたが,なによりホロリホロリとしたのは,エンドクレジットです。

 

それは,原作の西﨑義展氏,
主題歌 作詞の阿久悠氏,同じく作曲の宮川泰氏の名前が並んでいたからです。
みな故人なんですよね。
感慨深いものがあります。

 

巷の話では,続編もあるとのこと。楽しみです。
願わくば,沖田艦長の復活だけは遠慮したいものですが...。

 

20130829_DSC_0151.jpg


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月29日 22:47 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その149

新聞のおもしろい記事発見。

 

ネット検索大手の企業と某新聞記者が,夏休みにどんな言葉が検索されるかを分析したらしい。

 

すると序盤は行楽に関する言葉が,後半は自由研究や読書感想文,工作など宿題に関係する言葉の検索数がピークに達するらしい。

 

よい子の本校生徒のみんなは,当然宿題は終わってるよね(^_^;)

 

この記事には落ちがあって,最終日の8月31日に突然「金魚 病気」を検索する人が増えるとのこと。金魚すくいで連れて帰った金魚が病気になる時期なんだろうか??

 

20130828_DSC_0468.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月28日 21:50 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その148

「今日はこのネタ!」と決めていたのに,諸般の事情で延期。

 

う~む,何にしようか。

 

「教員を目指している大学生が行う公開授業」を拝見する機会がありました。

 

人数と時間の関係で,各自10分の模擬授業だったのですが,
その10分に様々な要素が凝縮された,非常に密度の濃いものでした。

 

緊張していることがこちらに筒抜けな先生,
即戦力として楽しみな先生,
声が大きく聞きやすい先生,
女子アナとして通用しそうな先生,
フレーズの回数を生徒に数えられそうな先生,
「当てられる!」とドキドキしそうな先生,
予備校講師みたいに完成されたように見える先生,
などなど。
そして,全員に共通しているのは熱意に溢れていること。

 

いろんな意味で勉強をさせて頂いた4時間でした。

 

20130827_DSC_1581.jpg


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月27日 22:51 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その147

ちょっとした,海洋生物ブーム到来??

 

先日のNHKスペシャルで一躍脚光を浴びたダイオウイカ。
またメガマウスを初めとするサメも同様に話題になっている。

 

地球外の宇宙と同様に,深海も謎が多く,どんな生物が存在するかよく分かっていないし,存在が確認できていても生態が全く不明な生き物だらけである。

 

全長10mを超えるダイオウイカも同様である。
イカ類の年齢は,頭部の平衡嚢の中の『平衡石』といいうカルシウムでできた石に生じる木の年輪のようなリングの本数を数えることで測ることができるらしい。スルメイカの場合は,1日に1本リングが現れるとのこと。これをダイオウイカに当てはめると1日に7mm成長し,およそ3年で全長14mに育つことになる。
ただしエサの少ない深海で,ダイオウイカはそんなスピードで成長できるほどエサを捕食できているのか??
興味は尽きない。

 

久しぶりに,ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』を読み返してみようかな。

 

20130826_DSC_0489.jpg

美ら海水族館にて。 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月26日 23:38 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その146

夏期休暇最後の日曜日です。

明日は2学期始業式です。

 

外は大雨。
家の中では某局の24時間テレビ。

 

押し付けられるのはご勘弁したい,という醒めた気持ちがある一方で,素直に,そして単純に感動するという心は持ち続けたい。

 

それにしてもメディアの力って凄いッすよね。

 

 

20130825_DSC_2760.jpg

奈良の燈花会です(写真部合宿で撮影)。 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月25日 20:53 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その145

今日も航空機。

 

部活動でも指導していた生徒が留学するということで,関空へ。
いってらっしゃい!(^^)/

 

積極的にいろんな経験をしてくるんだよ。

 

それにしても,それを見送るご家族の方々。
いろいろ不安もあるのでしょうが,笑顔で見送るその姿。脱帽です。

 

20130824_DSC_6100.jpg

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月24日 21:54 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その144

リビングと廊下の間のドアノブが壊れていた。

 

ドアを閉めたら開かない状態になってしまっていたので,しばらくドアを閉められなかった。

 

修理に来てもらった。
でも部品が壊れていたらしい。
ということで,とりあえずドアノブを取り外し,翌日に部品が届いてからの修理になった。

 

ドアノブは無いけれど,そこに指を突っ込んでそのままドアを引っ張って開けることができた。

 

今日帰宅すると,ドアが修理されていた。

 

ドアノブをひねらないとドアが開かない。当たり前だけど。
うーん...,と思った。

 

私って,やっぱり「めんどくさがり」みたい。

 

20130823_DSC_7282.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月23日 21:21 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その143

ちょっとしたことでも,自然保護やその研究に協力できる。

 

東北大と山形大の研究グループが,「花まるマルハナバチ国勢調査」と称して,携帯電話などで撮影したマルハナバチの写真の提供を全国に呼びかけている。
マルハナバチは,国内の固有植物の受粉を助ける。外来種のセイヨウオオマルハナバチは日本固有植物の花粉を運ばないため,植物の繁殖阻害が懸念されている。

 

マルハナバチの体長は2~3センチ。毛が生えておりミツバチやクマバチと間違えられやすいが、羽が黒いという特徴があるらしい。研究グループは「別のハチと間違えてもかまわないので,気にせずたくさん送ってほしい」とのこと。

 

でも,ハチの写メ撮るって,ちょっと勇気がいるよね。巣に近づいたり,危害を加えたりしない限り,刺されることはないけど。

 

ちなみに,須磨海浜水族園ではカメの写メを募集しているのでよろしく。

 

 

20130822_DSC_0523.jpg

ニュージーランドのワンガヌイにて。

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月22日 20:32 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その142

今日もカメ。
ほとんど「イシガメ観察日記」になりつつある。

 

先日の4009番のイシガメさんが,またまた池から水路に移動しているところを発見。
様子を窺っていたら,水路の脇の湿地に生えていた「ミゾカクシ」の葉を食し始めた。
30分ぐらい食べてお腹いっぱいになったのか,もとの水路に戻っていったので再捕獲。
またまた池に再放流しました。
彼女はこの場所を覚えているのだろうか???

20130821_DSC_3088.jpg


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月21日 19:41 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その141

「ワン!」

 

と鳴くライオンが展示されたという外国の話から,
同じく「ワン!」と鳴くカエルが鳥羽水族館で展示されている話まで,
世の中,イロイロ。
動物の世界もイロイロ。

 

とか思いながら,相楽園で繁殖して保護した子イシガメに,エサをあげている私。
元気に育ってね。

20130820_DSC_7400.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月20日 18:37 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その140

今日も飛行機。

 

でも,ちょっとタイプの違う飛行機。

 

旅客機やレシプロ機(プロペラ機)の形状とは異なる,不安定さを醸し出す機影。
そしてその不安定さの裏返しから導かれる高機動性。
翼端から延びるベイパーがその証。

 


20130819_DSC_3897_2.jpg

2013/08/05
Nikon D700,VR80-400mm f/4.5-5.6G(400mm)
f/11,1/1250秒,ISO1600,+1.0段

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月19日 21:24 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その139

夏といえば,各種イベント。

 

先日,残念な事故の報道がありました。
皆様の一刻も早い回復をお祈りいたします。

 

本校すぐ下の諏訪山児童公園では盆踊り大会が行われていました。
いつもと違う風景で,ワクワクします。
一方で安全面を考えて,各屋台の後ろには必ず消火器が置かれていました。


各地で行われるイベントが,すべて無事に行われると良いですね。

20130818_DSC_3020.jpg


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月18日 21:02 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その138

今日は神戸空港西端のラグーンへ。

 

日本ウミガメ協議会主催の瀬戸内海ウミガメレスキュープロジェクト
生き物観察会「エコツーリズム」を見に行きました。

 

サメに襲われ前肢を怪我したアカウミガメ「悠ちゃん」の人工ヒレ装着試験も見学しました。

 

ついでに須磨海浜水族園の亀崎園長に,相楽園でのイシガメ保全プロジェクトの経過報告もしました。

 

さらについでに,神戸空港で離着陸する飛行機の写真もちょびっと撮ってきました。

 

 

20130817_DSC_2945_2.jpg

アカウミガメの悠ちゃんの紙芝居上演中

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月17日 21:13 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その137

この世の中,いろんなヒトがいます。

 

カメの世界もそのようです。

 

例えば,サンプル番号4009番のメスのイシガメさん。
マイクロチップの番号は392145000106386。
2012年4月26日に宝塚市で保護されて,2012年9月26日に神戸市立相楽園の池に放流されました。
その後,ほぼ1年間,罠にもかからず,一度も姿を見ませんでした。
かくれんぼが上手なのでしょうか。

 

2013年8月13日,池から流れる水路にカメがいると聞いたのでに捕獲してみると,4009番でした。
ほぼ1年ぶりの再会です。
背甲長などの大きさは変化していないのですが,体重が717gから650gに減っていました。

 

その日に池に再放流しました。
しかし,その後仕掛けた罠に,ものの5分も経たないうちに掛かって,エサのイワシにかぶりついていました。
よほど,お腹がすいていたのでしょうか。

 

14日に罠を回収して,池に再放流しました。
また次も罠にかかってね。身体計測してあげるからね。

 

16日に相楽園内を巡回していると,また水路にカメがいました。
捕獲してみると,また4009番でした。
けっこう,落ち着きのないカメさんのようです。

 

20130816_4009a.jpg

4009番のイシガメさん

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月16日 17:38 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その136

珍しく,今日もONGAKU。

 

別に電車ゴトゴト,ってわけでもないし,
一緒に歌ったり,踊ったりする時を待ってるわけでもありません。
(ちょっと,しつこい?)

 

「アロハ合奏団ウインドオーケストラ(吹奏楽)コンサート」です。
連れは,前任校(というか教師になって初めて勤めた学校)の生徒会のメンバー2人。
そのうちの一人は,元吹奏楽部所属で,ホルンを吹いていました。

 

で,40代!のおっちゃん3人で某所に行ってきました。
これです↓

DSC_2894.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月15日 17:42 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その135

クラゲが悪さをしているらしい。

 

「クラゲ大量発生で九電発電所停止 猛暑の影響?」というニュースが流れている。

 

発電所の多くは,熱によって液体の水を気体である水蒸気に変え,発電用のタービンを回転させる。そしてその高温の水蒸気を冷却するために海水を使う。

 

海水を取り入れ,水蒸気を冷やし,その結果少し温度の上がった海水を海に戻す。
結局,発電所付近の海水温が少し上昇する。当然,海辺の生態系に何らかの影響が及ぶ。

 

何気なく使っている電力は,さまざまな影響を周囲に与える。
我々はそれを忘れてはならない。また,そのことを無視してはならない。

 

難しい問題です。

 

20130814_DSC_2079.jpg


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月14日 20:01 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その134

部の合宿が昨日終わったので,今日は報告書作成及びwebの「お知らせ」で紹介した件,などの作業をしました。

 

相楽園で職員の方に「学校は夏休みじゃないんですか?」と聞かれました。確かに現在は学校閉鎖中です。といっても対外的な部分がお休みであって,まったく誰もいないわけではありません。

 

今日も高校3年生は講習を受講するために登校しています。
バドミントン部は試合前ということで,他校の生徒と練習試合を行っていました。
アーチェリー部も試合前ということで,練習していました。

 

なんだか「夏休み」は死語になりつつあるようです。

20130813_DSC_0861.jpg

 


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月13日 19:43 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その133

写真について語ろう。

 

個人的には,写真について「こだわり」というか,「概念」とか,そんなものはない。

 

撮っている個人が楽しんでおれば,それで良いと思う。
記録としてのものや,まわりのヒトに説明するツールとして活用したり。

 

ただ,作品としての写真は難しい。
まず,フォーカスが合っていないと話にならない。不必要にブレててはいけない。
最近のカメラはデジタルでオートフォーカスである。
小さな液晶画面ではキレイに見えても,作品として拡大すると,フォーカスが目的のところにあっていなかったり,あるいはブレていたりする。

 

次に目立たないといけない。
写真部の神戸支部審査の時でさえ,300点以上の作品から選ぶ。印象に残らない作品は,無視される。
そして,なんらかの主張が感じられる作品であることが望ましい。
造形美,自然の風景の美しさやその自然が破壊されていることへのメッセージ,人間にまつわるストーリー,などなど。

 

これが特に難しい。指導するとなると,とっても困る。悩む。

 

しかし弟子達(?)は,そんなことはお構いなしに,自由に写真を撮っている。
この様子や,撮影したものを見るのは,ものすごく楽しい。

20130812_DSC_2871.jpg


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月12日 18:32 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その132

今日は「絆」。

 

当たり前ですが,大切な言葉です。

 

家族の絆。
地域の絆。
友だちの絆。
いろんなグループの絆。

 

集団の中のひとりとして自分を意識し,
そのつながりの中で,今,
何をしたいか,何をすべきか,何ができるか,
を考えて実行に移す。

 

分かりきってるんですが,これが結構難しいんですよね。

20130811_DSC_2742.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月11日 22:19 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その131

夏期休暇に入って,なんだか話題が少ない?!

 

今日はおやすみ。
朝から買い物,昼から散髪,夕方は試合で九州に行っていた娘を迎えに大阪国際空港へ。
ついでに飛行機の写真を撮ってきました。

 

滑走路の端から,着陸する飛行機を真上に狙えるポイントがあります。
今日は予行演習で,試し撮りです。
次は1号機のカメラD700と28mmか,20-35mmF2.8あたりで,もっと風景を入れて撮ってみるつもりです。

 

20130810_DSC_2544.jpg

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月10日 21:54 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その130

音楽の素養絶対零度な私。

 

なぜか今日もONGAKU。この一週間に3回目です。
(別に地図帳を拡げてないし,ピアノにも登ってないし,ましてやリンゴをかじってませんが...。)

 

尼崎のアルカイックホールへ,吹奏楽部の県大会を聴きに(見に)行ってきました。
演奏が始まる瞬間の,息を飲む静寂。いいですね。緊張感がたまりません。
舞台に上がっている生徒や先生は,さぞかし凄い精神状態だったのでしょうね。脱帽です。
演奏が終わってからの笑顔は,一生懸命打ち込んだものを出し切ったからこそなのでしょう。
みんな,いい顔していました。

 

20130809_DSC_2148.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 9日 18:28 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その129

ひさびさ,長崎バージョンです。

 

長崎駅がすぐそこに見下ろせる山の上のホテルに配宿されました。
すごい斜面なのですが,下ると15分ぐらいと聞いたので,撮影がてら歩くことにしました。

 

山から見下ろす風景は,神戸とはまた違い,良い眺望だったので,階段を下りながらいろいろ写真を撮りました。

 

途中から,階段は墓地の中を通っていました。
そして階段沿いの墓地に白い花が咲いていて,またそこで何やら作業をしている男性を見かけました。
お盆の前にご先祖の霊を慰める意味でお墓掃除をしている風景。おまけに背景は長崎の街なみ。これは被写体としていいかも,と思って生徒たちを促し,その男性に「写真を撮らしていただいてもいいですか?」と声をかけました。

 

するとその男性は,快く了承してくれました。
そしていろいろお話を聞かせてくれました。

 

お盆の前に花の苗を植えていること。
その頃に綺麗に高さが揃うように剪定していること。
ちょっと剪定しすぎて高さが低くなってしまったところができたこと。
地面をコンクリートで固めるお墓も多くなってきたけれど,うちは芝を植えていること。
その芝も長くなってきたので,芝刈りもしなければいけないということ。
このお墓には自分よりも先に亡くなった息子が埋葬されていること。
胃がんで,すぐそこの病院に入院していたこと。
1年間の闘病生活を送ったけれど,26歳でこの世を去ったこと。
当時,お付き合いしてくれていた女性がいたこと。
その女性が最後まで看病してくれていたこと。

 

男性の顔は,汗なのか濡れていました。

最後に,お参りをさせていただいて,また階段を下って行きました。

 

写真の難しさを改めて知りました。
でも写真を撮るという目的がなければ,この男性と出会ってお話を伺うことがなかったことも確かなことです。

 

明日は長崎の日です。

 

20130808_DSC_0782.jpg

長崎駅前近くからホテルを見上げる。


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 8日 20:47 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その128

今日はお仕事の話。

 

下見のために,明日香村に行ってきました。
大阪育ちなのですが,今まで行ったことがありませんでした。
レンタサイクルを借りて移動しました。
久しぶりに,ママチャリで立ち漕ぎしました。筋肉,パンパンです。
水,1L飲みました。
カロリーオフのスポーツドリンクが多い中,カロリーがあるものを見つけるのに苦労しました。
これが昼食になってしまいました。

 

次は「パワーアシスト付き自転車にしよう」と心に誓いました。

 

20130807_DSC_2047.jpg

 

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 7日 21:05 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その127

今日は高校音楽科の「わくわくミュージック」が開催されました。
(本校のwebの行事報告参照)

 

音楽科の生徒たちはいろいろな趣向を凝らして,子どもたちに音楽を披露していました。
当然,ちびっ子中心なので,客席はすごい騒ぎでした。

 

本来,演奏会などは静かに聴くことが必要なのです。しかし,それでは静かにできるようになっていないちびっ子は演奏を聴くことができません。でも,ちびっ子のうちから本物の管弦楽に触れさせることができれば,それはそれで「子どもたちの情操教育」に良い影響を及ぼすことができるのではないでしょうか。

 

そんなときに,本校音楽科の「わくわくミュージック」。
舞台には小編成ながらも管弦楽団。そしてホールの片隅にはベビーカー多数。
観客席を見ていても楽しい演奏会でした。

 

 20130806_DSC_2010.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 6日 15:29 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その126

同僚から聞いた話。

 

夏休みは講習と面談,プラス合宿の季節です。(断定)

 

ある先生から,「面談の時に『TACのつぶやき』の話題が出ました。楽しみにされてるそうです。」というようなお話を聞きました。

 

ありがとうございます。
地味ぃ~に,続けてつぶやいている成果がちょびっとなりともあったということです。
これからも地味ぃ~に頑張ります。よろしくお願いします。

 

20130805_DSC_1917.jpg

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 5日 22:57 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その125

自然の造形は美しい。 
オウムガイやアンモナイトの断面なんかを見ると、涙がチョチョ切れるくらい感動してしまう。
黄金比ってなぜ安定して、かつ美しいと感じるのか、しばしば瞑想してしまいそうなぐらいである。 
一方、人間が自然に挑戦するために作ったものも、その工業的造形が美しい。
そのひとつに航空機がある。
実際、飛行機がなぜ飛ぶのか原理はわかっていない。
実験によるデータの積み重ねによって、飛ぶ形がわかっているに過ぎない。
 ということで、今のマイブームは航空機。
今年中に何回撮りに行けるかなぁ...
 
 
20130804_DSC_3044.jpg
投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 4日 23:31 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その124

今日はエアーポケットのように開いた日でした。

 

たまたま,あるコンサートのお誘いを受けたので行ってきました。
場所は大阪心斎橋近くの教会で,オカリナとマリンバのデュオのコンサートでした。

 

音楽の素養絶対零度なもので,普段,自ら進んで音楽を聴きに行くことはありません。
(でもその分,仕事がらみで音楽を聴く機会はいっぱいあります。)
大きなホールでオーケストラを聴いたり,あるいは中くらいのホールで大人数で聴いたりするのとはちょっと違う,新鮮で楽しいコンサートでした。

 

演奏者と物理的に近いので,アイコンタクトの様子,息遣い,客席の椅子のきしみ,小さな咳払い,などすべてを共有しているような,そんな一体感のある空間で,心地よい響きと音色を感じることができました。(語彙力が乏しく,うまく表現できません...。)

 

 

20130803_DSC_0888.jpg

おまけにデビューCDを頂きました。へへっ。

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 3日 18:16 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その123

長崎バージョンは,まだまだ続きます。

 

いろいろな土地を訪問すると,ちょっとしたところでも文化の違いを感じます。
たとえば,長崎では道路上で横断歩道の前に立つと,必ず車が止まってくれました。
神戸大阪の道路事情から考えるとありえないことで,横断歩道で車が自然に止まってくれるので「えっ?渡っていいの?」みたいな感じで,逆にもたもたしてしまいました。
でも本来はこれが普通で,横断歩道に歩行者がいるときは,歩行者優先で交通法規の上でも停止が当然といえば当然なことなんですけどね...。
逆に他府県から神戸大阪に来た人が,車が止まらないことで驚くでしょうね。

 

20130802_DSC_0829.jpg

画像は長崎市内の道路の様子。タクシーの助手席から撮影。
諏訪神社の御神木なので,伐採せずにそのままになっているとのことです。
車線の幅が狭いので,怖いっす。

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 2日 21:51 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その122

長崎バージョンは続きます。

 

会場を移動中,長崎総文の実行委員をされている先生に,生徒が声をかけられていました。

「昨年の富山の全国総文にも来られていましたよね。神戸山手女子ですよね」と...。

 

神戸山手のワンピースの盛夏服は,やはり目立つようです。

昨日も市内を撮影中,おばさん方に「かわいい制服ですね」と声をかけていただきました。

 

それにしても学校名まで覚えていただけていたとは。

全国の写真部に鳴り響く「神戸山手女子高校 写真部」への道の第1歩を踏み出したのでしょうか???

 

20130801_DSC_0786.jpg

なぜか佐世保バーガーです。

投稿者:教務の先生 日時:2013年8月 1日 22:43 | トラックバック(0)