2013年10月アーカイブ

TACのつぶやき その213

今日はハローウィン。

 

ようやく間に合いました。

 

ジャック・オー・ランタンに,自習室の集団下校の生徒たちを,見送ってもらいました。

 

 20131031_DSC_4523.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月31日 19:40 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その212

もうすぐ10月が終わる。

 

10月といえば,小説「レッドオクトーバーを追え」が思い出される。
主人公のCIA分析官のジャック・ライアンがかっこよかった。
でも彼がその後,大統領になるとは思いもしなかったよ。
映画でマルコ・ラミウスを演じたショーン・コネリーは渋かった。
故トム・クランシーに脱帽。
遺作となった「テロリストの回廊」は明日,発売みたい。
2月には映画「エージェント・ライアン」が公開されるらしい。

 

秋深まる。

 

秋といえば,ジョージ・ウインストンの「Autumn」をよく聴く。
むかぁーし,昔,某国産車メーカーのCMに使われていた。
12月になったら「December」を聴こう。

 

 

20131030_DSC_9069.jpg

Nikon D700
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
ISO1250,f/4.5,1/13秒 -1.0段
お店も秋の装い。
そういえば,駅構内のお店で,ハローウィン関連商品が撤去され,
かわりにクリスマス関連商品を陳列準備していた。
みんな,気がはやいねぇ。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月30日 21:27 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その211

昨日,「かぼちゃがない」とつぶやいたら,
各方面から「かぼちゃ目撃情報」を頂きました。
この場を借りて,お礼申し上げます。どーもですぅ。

 

ちびっ子の頃,よくスヌーピーの漫画を読んでいました。
基本はアメリカの新聞の漫画なので,○日新聞の「△△ちゃん」みたいなものです。
「スヌーピーがかわいい」とかではなく,登場人物の,ちょっと風刺の効いた台詞などを楽しんでいました。

 

その中で特に好きなエピソードはハローウィンの夜の,ライナスのものです。
彼のお姉さんのルーシーらは,近所におやつをもらいに回るのですが,ライナスは毎年,必ずカボチャ畑で夜を明かします。
なぜなら彼は,「ハローウィンの夜,世界一善良なカボチャ畑から『カボチャ大王』が飛び出して,世界のよい子におもちゃを配る」という話を信じていて,「今年はここからカボチャ大王が飛び出すに違いない」と目星をつけたカボチャ畑に居座り,カボチャ大王が飛び出す瞬間を目撃しようとするのです。
ライナスがひとりで夜を明かすときもあるし,心優しきチャーリー・ブラウンが一緒にいるときもあります。
でも残念ながら,毎年,カボチャ大王には会えずに終わってしまいます。

 

もし,近所にカボチャ畑があったなら,チャレンジしてみませんか?

 

 

 20131029_DSC_4520.jpg

お気に入りのスヌーピーのペンケースです。
ファスナーがお腹側にあるので,いつも「開腹!」と掛け声を駆けながら開け,
「縫合!」といいながら閉じています。

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月29日 20:31 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その210

カボチャがない。

 

オレンジ色の,大きめのカボチャがない。

 

近所をうろうろ探したが,やっぱりない。

 

出張から職場に戻る際に,ちょこっと三ノ宮の花屋さんを覗いてみたが,
妙にヘシャげた,かわいくない,細工しにくそうな,カボチャしかない。

 

カボチャがない。

 

 20131028_DSC_4346.jpg

画像は昨年のカボチャ第2号

 

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月28日 19:41 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その209

にわかに信じがたい話。

 

犬と飼い主は,目が似ている,らしい。

 

関西学院大の先生が論文で発表したとのこと。

 

実験方法
1.犬と飼い主の顔写真40枚ずつを,正しいペアと違うペアの2通りの組み合わせで用意する。
2.飼い主や犬の目を隠したり,目だけを比べたりする五つのパターンを作る。
3.20~70代の約550人に示し,似ている組を選んでもらう。

 

結果
・目を隠したパターンは正答率がいずれも約50%だった。(○か×かなので,確立は1/2)
・目を隠していないと67~80%の確率で正しいペアを選んだ。
・目だけを見せた場合の方が,正答率が高い場合もあった。

 

考察
a.飼い主または犬,あるいは両方が,一緒に生活することによって顔が似る方向に変化する。

b.飼い主が犬を選ぶ際,目またはその周辺の特徴が似た犬を無意識,または意識的に選ぶ。

c.念力が働く。

d.その他。

 

さぁ,どれ?


 

20131027_DSC_0281.jpg

意外と,ワンこや,ニャンこの画像がない...。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月27日 21:03 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その208

今日は仕事帰りに相楽園へ。

 

久しぶりにイシガメの顔を見に行きました。
ついでに,その190でも紹介しました,「第62回神戸菊花展」も見てきました。
さらに,神戸山手大学・短期大学茶道部協力の「相楽園会館お茶席」で,お茶を頂いてきました。
卒業生にも会いました。頑張っているようで,何よりです。

 

「神戸菊花展」は11月23日まで。
また,明日は,庭園内 浣心亭他で,神戸山手短期大学表現芸術学科によるアートパフォーマンス「ヤマテノキツネ」が16:00~17:30まであります。
是非,ご覧下さい。
(私は中学校プレテストの業務で見に行けませんが...。)

 

20131026_DSC_4497.jpg

 


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月26日 18:29 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その207

スペインのお話。

 

スペインの議会委員会が,生産性向上と雇用創出を目指すために,国の標準時を1時間遅らせるとともに,午前9時から午後5時までを標準的な労働時間と定めることを提案している,らしい。

 

これまで中部欧州標準時を使ってきたのを,グリニッジ標準時(GMT)にして労働時間を欧州の周辺国に合わせる,とのこと。
労働時間合理化委員会の委員長はCNNの取材に応え「仕事は午後5時までに終了、昼のランチタイムは40分以下」という目標を示した,ということだ。

 

で,その結果,3時間の昼寝付きランチがなくなる?!と話題になっているらしい。

 

スペインといえば「シエスタ」。

 

...って,まだこの世の中でそのような習慣が残っているの??
ひょっとして,私たちって働き過ぎ??

 

 20131025_DSC_1760.jpg

神戸・花鳥園にて。シエスタ中のペンギン?

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月25日 16:32 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その206

なんだか教育界が右往左往??

 

大学入試システムの見直し,
小学校3年生から英語の学習,
道徳を教科の1つに,    などなど。

 

いつも以上に,騒々しい気がする今日この頃。

 

願いたいのは,単なる思いつきや特定の団体の思惑で変更するのではなく,
きちんと評価があって,それを踏まえた改革であって欲しい。
そのときに理論的な背景があればもっと良い。

 

本校の子どもたちは2学期中間考査の真っ最中。
高校3年生は推薦入試。
今週日曜には,新中学生むけのプレテストの実施。
みんな,がんばれ。

 

ちなみに,つぶやきその205の答えは,
1)「全力で物事に取り組むこと」を,何というか。
  b.心血を注ぐ
2)「論理を組み立てて議論を展開すること」を何というか。
  a.論陣を張る
3)「何かがきっかけになって,急に物事の本質が分かるようになること」を何というか。
  a.目から鱗(うろこ)が落ちる
4)「卑劣なやり方で,失敗させられること」を何というか。
  b.足をすくわれる
5)「胸のつかえがなくなり,気が晴れること」を何というか。
  a.溜飲(りゅういん)を下げる
でした。

 

 20131024_DSC_9449.jpg

 

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月24日 15:21 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その205

ことばは,難しい。

 

大辞泉が間違った意味で使われる言葉について調査したらしい。
その1位は「ハッカー」とのこと。

 

「ハッカー」は本来,むしろ高い技術を持った人々に対する尊称として使用されていたもので,「コンピューターで不正行為を行う人」は「クラッカー」。お腹がすいている現在,心が惹かれることばである。

 

以前,高校生を担任していたときに配布していたクラス便りで,文化庁の国語世論調査の特集号を発行したことがある。その抜粋を少々。

 

「議論煮詰まり」結論出ず?=正答6割弱,若年層多い誤用

                           
「議論が煮詰まる」という言葉の意味を正しく理解している人が6割弱にとどまることが,文化庁が24日に発表した2007年度の「国語に関する世論調査」で分かった。30代以下の若年層で「結論が出せない状態」との誤った回答が目立った。「足をすくわれる」などの慣用句の用法も正答率が低かった。調査は3月に面接方式で実施。全国から抽出した16歳以上の3445人のうち,1975人から回答を得た。
「(議論が)煮詰まる」の意味を選ぶ質問では,本来の「議論が出尽くし,結論が出る状態」と答えた割合は56.7%。逆に,「議論が行き詰まり,結論が出せない状態」と誤解していた割合は37.3%だった。 世代別では50代,60歳以上で正答が7割を超えたが,16歳以上から30代までは誤答が7割前後に上った。
ということは,脳味噌が煮詰まった状態を目指せ!ということだね(^o^)

 

正解はどれだ?  文化庁国語世論調査項目より抜粋(2002年~2008年)
1)「全力で物事に取り組むこと」を,何というか。
  a.心血を傾ける
  b.心血を注ぐ
2)「論理を組み立てて議論を展開すること」を何というか。
  a.論陣を張る
  b.論戦を張る
3)「何かがきっかけになって,急に物事の本質が分かるようになること」を何というか。
  a.目から鱗(うろこ)が落ちる
  b.目から鱗が取れる
4)「卑劣なやり方で,失敗させられること」を何というか。
  a.足下をすくわれる
  b.足をすくわれる
5)「胸のつかえがなくなり,気が晴れること」を何というか。
  a.溜飲(りゅういん)を下げる
  b.溜飲を晴らす

 

以下省略。全部で38問あった。

 

まずは,この5問にチャレンジ!!

 

 20131023_DSC_4489.jpg

机上のパソコンのデスクトップ画面は「ハローウィン」仕様。
クラスで撮った記念写真です。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月23日 18:36 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その204

昨夜はオリオン座流星群!

 

ということで,UFO は前振りだったのですが,いかがでしたか?

 

私は撮影にチャレンジしたのですが,またもやダメでした。
まず近くに光害の影響を受けないところがないこと。
観察ポイントを探せませんでした。

以前よく行っていた墓地はゲートが閉まっていて入れなかったことが第一の敗因です。

 

次に夜露をなめていたこと。
撮影の際には,レンズが夜露で曇らないようにカイロで暖めるべし!とは知っていたのですが,そんなことは滅多にないと嵩をくくっていました。

しかし今回初めて経験しました。白くボケボケ~。

 

道は険しいッスね。こんなことでアイソン彗星,観察できるのでしょうか?

もっと修行が必要です。

 

 20131022_021.jpg

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月22日 18:40 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その203

ペルー空軍が「UFO調査局」を復活させたらしい。

(ということは,もともとあったということか?)

 

なんでも,未確認飛行物体など,空での特異現象を調査する「空中特異現象調査局(DIFAA)」を復活させると発表したとのこと。

 

アメリカやイギリス政府は,「宇宙人」の存在を公式に否定しているが,ペルーは本気のようだ。

 

ペルーのDIFAAは,空軍職員のほか社会学者,考古学者,天文学者らで構成され,こうした現象が発生する頻度や場所や時刻などについて分析するらしい。

 

「ナスカの地上絵」がある国だけのことはある。
やはり,あの地上絵には,宇宙人が関係していると判断したのかもしれない。

 

などと,空に想いを馳せて,夜空でも観察してみましょう。

 

20131021_DSC_4340.jpg

 


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月21日 22:03 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その202

生命科学は,どのような方向に進んでいくのだろうか?

 

卵や精子の提供者の遺伝子を解析することによって,その卵と精子が受精した場合,
どのような子どもが生まれるかを予測する技術に,特許がアメリカで認められたらしい。

 

この技術を応用すると...,
例えばある夫婦が子どもを欲しいと思ったとき,
その子どもの遺伝子が,自分たちの遺伝子であることにこだわらなければ,
望んだ特徴を持った子どもを,妻の母胎に宿すことができる...,
ということになる。

 

この技術が社会に与える影響は,計り知れない。

 

20131020_DSC_0190.jpg

グラム染色した「納豆菌」。

今日の関西科学塾で観察したモノを携帯端末のレンズで撮影。

かわいかろう。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月20日 22:01 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その201

今週末も,スマスイ・サイエンスカフェへ。
「やっぱ、顔やで-魚の認知を考える-」を聴講。

 

どうやら,魚類は結構スゴいらしい。

 

まず,社会性の高い魚類(なわばりを作ったり,中にはファミリーを作る魚類もいる)は,顔の模様が変化に富んでいて,その顔の模様で個体認識をしているらしい。
お隣さんや,来客を区別できるとのこと。
スゴいぞ,お魚。
イケメンの顔の模様とか,あるのかなぁ...。

 

ホンソメワケベラ(あの,他の魚に付いた寄生虫をお掃除をする魚だ)は,
な・ん・と,「鏡像自己認知」ができるらしい。
鏡像自己認知とは,鏡に映った像を自分の姿であると認識することだ。
この鏡像認知は,チンパンジー,イルカ,サル,ゾウ,カラスの一種のカササギ,でしか
確認されていない。
スゴいぞ,ホンソメワケベラ。
自分の姿に見とれるおナルのホンソメワケベラとか,いるのかなぁ...。

 

20131019_DSC_4355.jpg

幸田先生,ありがとうございました。h

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月19日 22:32 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その200

ついに200つぶやき!
天晴れ!よくやった!!
だれも褒めてくれないので,今回も自分で自分を励ます私。

 

教員の「残業」が増えているらしい。
調査したところによると,「土曜授業」や週末出勤による残務処理の増加などが背景にあるとみている,とのこと。

 

いろいろ,思うところはありますが,何より心配なのは,
こんな記事を見て,「教員を志す学生が減る」ということにならないか,ということ。

 

教員は,未来を作ることに繋がる仕事です。
教員を目指そう!

 

 

 20131018_DSC_4025.jpg
諏訪山児童公園からグランドを望む。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月18日 22:01 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その199

下校引率について。

 

立場上,下校引率することはないのですが,
今日は久しぶりにお手伝いしました。

 

本校の自習室は夜20時まで利用可能です(中学3年生以上)。
ただ,夜になると暗いので(当然),最寄り駅まで教員が引率して帰ります。
(諏訪山児童公園バス停,地下鉄県庁前駅,JR・阪神元町駅の3カ所。)

 

2学期中間考査前ですので,多くの生徒が残って自習しています。
また,解らない問題を質問に来たりしています。
その結果,アドバンス講習で残っていた生徒を含めて70人超え!
一応,下校引率に2名の教員が当たる予定だったのですが,
列が長くなるので,列の途中に入ってお手伝いすることになりました。

 

下校引率は,ただ単に生徒の安全を考えたり,道路の通行マナーを守らせたりするだけではありません。
このちょっとした帰り道の時間で,実はいろんな話をします。

 

授業のことだけでなく,進路のことや部活動のこと。友達のこと,家族のこと。
楽しかったことや悩んでいること。などなど。

 

大切にしたい時間のうちの,1つです。

 

 

20131017_DSC_4863.jpg

相楽園 正門前にて
2012/11/30 19:05
Nikon 1 V1
1 NIKKOR 10mm f/2.8
ISO1600,1/6,f/2.8


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月17日 22:29 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その198

誤字について。

 

外国籍のある人が,仮運転免許証を身分証明に使って携帯電話購入を企み,逮捕されたとのこと。
なんでも,書類の「警察本部長」が「賢察本部長」と間違っていて,店員さんが書類の偽造に気づいたらしい。

 

小学校に「爆破する」という落書きがあったとのこと。
でも落書きの「爆」の字は,「共」の部分の「ハ」の2画が不足した誤字だった,らしい。

 

ヒトのことは言えませんが,誤字には気をつけたいものです。

 

当然,偽造有印公文書行使と詐欺未遂,建造物侵入,威力業務妨害などの罪に問われるので,

よい子は,正しい字を書いても,真似をしてはいけません。

 

20131016_DSC_4282.jpg
今日のお月さん。ただいま,撮影の練習中。
2013/10/16 18:28:17
Nikon D5000,ビクセン GP2-A80Mf AL・SBS,PLOSSL 6.3mm 間接撮影
ISO1600, 1/30秒

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月16日 19:41 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その197

諸事情により,
めずらしく,ドラマの第1話を観た。

 

で,今の気分。やっぱり,これでしょ。

 

 

20131015_DSC_5879.jpg

2013/08/10 18:08

Nikon D700
VR 80-400mm f/4.5-5.6G (310mm)
ISO2000,f/10,1/320

撮影ポイント 関西国際空港
全日空 - All Nippon Airways
メーカー・型式 Boeing 737-881
機体番号 JA53AN
製造番号 33891/2739

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月15日 22:34 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その196

携帯端末について。

 

朝夜の通勤電車に乗っていると,小さな画面を見つめている乗客が多い。
一人で乗っているヒトの7割ぐらいは使っているのではなかろうか。
また,カップルであっても,互いに各自の端末を見ていたりする。
「歩きスマホ」の問題もあり,なんだかなぁと思う。

 

しかし,アメリカではもっと凄いことが起こるらしい。

 

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコで,混雑する通勤電車の車内で大学生が拳銃で撃たれて死亡するという事件が発生した。

 

事件直前,犯人の男は満員の車内で銃を振り回していたが,周囲の乗客はスマートフォンに夢中になりすぎて,危険が迫りつつあることに気づいていなかったとのこと。

 

絶えず,周囲に気を配ろう。

 

 

20131014_DSC_4292.jpg

春日大社にて
Nikon 1 V1
1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6
27.5mm ISO400,1/200秒,f/5.6,補正-1.7段

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月14日 18:10 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その195

今,「カメ日記」が熱い!...わけ,ないだろう。

 

今日もカメな一日。

 

朝は相楽園へイシガメ捕獲身体計測。(webの行事報告参照)

 

その後,久々の天体望遠鏡による太陽黒点観察。
近々,授業で観察予定。

 

次は,またまた須磨海浜水族園へ移動。
昨夜のサイエンスカフェで聴講した「定置網ウミガメ脱出装置実験」を見学した。
また,アカウミガメの「悠ちゃんの義肢装着試験」も見学。
今日はスマスイスクールで「タコの解剖」もやっていたようだ。
(ちなみに昨日は「カメの解剖」をやっていたので,とっても行きたかったが不参加。)

 

スマスイは,結構,忙しい...,みたい。

 

20131013_DSC_4229.jpg


20131013_DSC_4230.jpg

白い太陽の中に,黒い点々。ゴミにあらず。黒点だ。

 

 

20131013_DSC_4241.jpg

 

20131013_DSC_4263.jpg

スマスイの大水槽での,2つの実験。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月13日 18:24 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その194

...改め,カメ日記?

 

朝からは,授業変更があって,まず中学3年生の授業。
その後は中学入試説明会。校内案内担当。
昼食後は,生徒3人と共に相楽園へ。捕獲用の網を仕掛ける。

 

次は松方ホールへ移動し,高校音楽科定期演奏会を鑑賞。
素人だが聴き惚れた。また生徒たちの,練習によって裏打ちされた自信を持った表情が良い。

 

次は須磨海浜水族園に移動し,サイエンスカフェを聴講。
今日のテーマは「混獲」。
漁業用の網にウミガメが掛かり,その結果網から逃げられないとカメは窒息死してしまう。(カメは爬虫類,肺呼吸だ。)

 

それをどのように防ぐか,日本とメキシコ,アメリカ・ハワイの研究者が発表してくれた。
海洋生物の生活圏は地球規模であり,その研究や対策も国際的でなければならない。
世界の実態がわかり,その難しさを改めて実感した。

 

しかし,このように研究者が集い,啓蒙活動することによって,少しずつかもしれないが前進するのである。

 

たとえ,歩みがカメの如くであっても。

 

20131012_DSC_4176.jpg

 

20131012_DSC_4184.jpg

 

20131012_DSC_4202.jpg

 

 

 

 

 

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月12日 22:46 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その193

今,「創薬」が熱い!

 

今年のノーベル化学賞は,
「とっても複雑な化学反応の仕組みを,コンピュータでシュミレーションするによって解析する手法」を開発した人達に贈られた。

 

化学反応は,反応物と反応によってできる生成物だけでなく,その反応をコントロールする触媒など,様々なものが関与している。
またその触媒がタンパク質である酵素になると,分子が大きくなり,ますます構造が複雑にある。
これを素早く,そして精確に予測するための解析方法を開発した。
このことによって,新たな化合物を作る方法を発見しやすくなり,またどんな副産物ができてしまうかも予測できるようになった。

 

ある程度コンピュータシュミレーションすることによって動物などを使った実験を減らすことができるのである。


これはiPS細胞を使った臨床実験と同様,これは新たな医薬品を作る「創薬」の分野のスピードアップと経費削減,生体実験削減を加速することができる。

 

20131011_DSC_0071.jpg 

ハムスターは実験には使われませんが,まぁ,イメージということで。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月11日 13:42 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その192

今,「ヒッグス粒子」が熱い!

 

ポケットの中にはビスケットが1つ。
ポケットを叩くとビスケットが2つ。

 

夢もロマンもないちびっ子の頃の私は「叩いて2つに割れたんやぁ」と偉そうに言っていました。やがてビスケットは砕けて粉々になるぅ。

 

さて,物質をどんどん小さくしていくとどうなるか?
例えば,金属のアルミニウム1gからできている1円玉。これを仮に半分ずつにしていきます(法に触れるのでよい子はやってはいけません)。そうすると,74回目にもっとも小さいアルミニウムになります。これが原子です。75回目にチャレンジすると,アルミニウムとしての性質はなくなり,別の原子になってしまいます。
そして原子は,1つの原子核といくつかの電子からなり,原子核は陽子と中性子からできており,陽子と中性子はまた別の小さな粒子からできていると考えられている。この粒子を「素粒子」と呼んでいる。

 

「素粒子」は大きく二種類に分類され,物質を構成する粒子をフェルミ粒子と,力を媒介する粒子をボース粒子に分けられる。物質を構成するフェルミ粒子に,クォークとレプトンがある。ちなみに,今話題のヒッグス粒子はボース粒子の一種で,素粒子に質量を与える粒子である。

 

世の物理学者は宇宙空間に働く力について思考を巡らし,力には4種類有り,これを1つの法則で説明しようとすると,素粒子の質量がゼロでないと説明できなくなった。一方で素粒子には質量があることが分かっていたので,みんな,???になってしまった。

 

そこで登場したのが,2008年にノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎博士の「自発的対称性の破れ」というアイディアである。そしてそのアイディアを素粒子に持ち込み,エディンバラ大学のヒッグス博士が,物質に質量を与える理論「ヒッグス機構」を1964年に提唱した。
そしてさらに,スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN(セルン))が大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で行った,陽子同士の衝突実験によって,2013年7月に,ヒッグス粒子の存在が確実になり,ヒッグス博士らの理論が正しいことが証明された。実験装置の開発や実際の実験には,日本の研究機関や企業が多数参加しており,貢献していた。

 

今回のノーベル物理学賞受賞には,非常に多くの人々が関わっている。
みんなに,拍手! パチパチパチ。

 

と,強引に結論に持って行ったが,「超弦理論においては全ての素粒子は有限な大きさを持つひもの振動状態であるとされる」,と言われてもさっぱり分からん。
素粒子物理学も,とっても難しいです。

 

20131010_DSC_4259.jpg 

画像は今日の夕方16:43:40秒の月。
素粒子物理学は宇宙誕生の謎を解明する!!
Nikon D5000,ビクセン GP2-A80Mf AL・SBS直接撮影
ISO400,1/1000秒

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月10日 18:56 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その191

今日は高校普通科1年生の保護者会がありました。


ご足労いただけた,保護者の方々,ありがとうございました。
ご都合等で,お越しいただけなかった方は,資料が配られると思います。
ご質問など,学年までなんなりとお問い合わせ下さい。

 

ちなみに私の説明で「おもてなし」というところを,「倍返し」と言ってしまいました。失礼しました。

 

実はいろんなところで「倍返し」ルールがあるかと思います。
本校では,「お弁当のお箸を忘れて職員室で割り箸をもらったら,次の日に二膳返却」という「倍返し」ルールが一般的です。
実はうちの息子が昨日,お弁当のお箸を忘れたらしく...。...言い訳でした。

 

そして,今,「ヒッグス粒子」が熱い!

 

ノーベル物理学賞ですが,ちょっと説明が難しいので後日,内容を整理してつぶやきます。
なんせ,私の専門は生物学なのもので...。...またまた言い訳でした。

 

20131009_DSC_0089.jpg 

ちなみに生物学といっても化学に近くて(生化学といいます),写真のような電気泳動などをよくやっていました。カメの調査みたいに,生きている生物を扱ったことはまったくありません...。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 9日 17:10 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その190

今,「小胞」が熱い。

 

ノーベル医学生理学賞が発表された。
主な業績は,
ロスマン氏は小胞が送り先に狙いを定めて物質を届ける過程を解明。
シェクマン氏は小胞の働きに必要な遺伝子のグループを発見。
スードフ氏は小胞が正確なタイミングで物質を放出する仕組みを示した。
ことである。

 

そもそも「小胞」とは何か。
簡単に言えば,膜で包まれた構造物で,内部にいろんな物質を含む小胞がある。

代表的なものは,「小胞体」と「ゴルジ体」から生じる小胞があり,合成して貯蔵したモノを細胞外に分泌する働きを持つ(この働きをエキソサイトーシスといい,逆に取り込むエンドサイトーシスによって生じる小胞もある)。

 

細胞外に分泌する物質で,よく知られたものに,血糖値を下げる働きを持つ「インスリン」がある。また,神経細胞間の連絡に使われる神経伝達物質も小胞が運ぶ。
快感を増幅するドーパミン,活動を活発にするノルアドレナリン,精神を安定させるセロトニン,「ランナーズ・ハイ」状態を引き起こすオピオイド,などなど,様々な神経伝達物質がある。

 

これらを正確なタイミングで正しいところに運ばなければ,正しい生命活動が維持できない。
そこで「小胞」が運ばれるシステムが存在する。

 

例えば,荷物をどこかに送ろうと思うと,宛名を書いて,荷物に貼る。
そして,荷受け人の都合もあるので,配達される時間指定をする。
この○うパックや宅○便みたいな働きをするのが「小胞」である。
そしてその仕組みを解明したことによってノーベル医学生理学賞が贈られた。
パチパチ。

 

20131008_DSC_4281.jpg

2013年10月20日~11月23日まで相楽園で,第62回神戸菊花展が開催されます。
画像は昨年度のものです。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 8日 20:44 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その189

台風が日本列島に近づいているらしい。

 

台風といえば,思い浮かべるのは「風神雷神図」の風神。

 

白い袋を両手に持っている鬼の図である。
イメージ的には,その袋から風が吹いているように感じるが,
台風は低気圧なので,中心に風が吹き込む向きである。
よって,風神は扇風機ではなく,掃除機を持っているようなモノ。

 

イソップ寓話の「北風と太陽」も同じ。
北風は旅人の上着を吹き飛ばそうとしたのではなく,吸い込もうとした。

 

などと,どうでも良いようなことを考えてしまう今日この頃。

 

 

20131007_DSC_3844.jpg

天龍寺にて。
Nikon D700
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
ISO400,f/1.8,1/80秒,-1.0段

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 7日 22:54 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その188

火星探査機「メイブン」の打上げがピンチらしい。

 

なんでも,医療保険改革法にめぐってアメリカ議会が対立し,新会計年度が始まる10月1日になっても暫定予算が承認されず,政府が閉鎖に追い込まれ,米航空宇宙局(NASA)では重要な業務に携わる職員約600人を除く,ほぼすべての職員約1万8000人が自宅待機を命じられている,らしい。

 

地球が1年365日で太陽のまわりを1回公転するのに対し,
火星は,およそ687日。
そして会合周期は2.135年。
約2年2ヶ月毎に火星と地球は接近する。
この接近する時期に合わせて探査機を打ち上げるわけだが,予定している11月18日に打ち上げられなかったら,次は2年後になってしまうということ。

 

アメリカって,なんだかスゴい国だね。
早く,議会と折り合いを付けて欲しいものです。

 

 

20131006_DSC_4266.jpg

画像は南館屋上。
また,天体観望会を計画します。

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 6日 18:27 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その187

別名,カメ日記。

 

相楽園から連絡を頂き,行ってきました。
園の池で,カメの死骸が引き上げられたとのこと。

 

もう筋肉などは残されておらず,甲羅と骨格の一部のみになっていました。
死後,かなり経っていると思われます。

 

甲羅の特徴から,一番最初に相楽園に放流した3匹のうちの一匹でした。

 

マイクロチップは確認できませんでしたが,
個体番号392145000106700
2011/09/10に須磨区で捕獲され,2011/11/27に相楽園に放流しました。
その後,計6回再捕獲され,最後に確認されたのは2013/05/04でした。
通称,ジュリア。

 

冥福を祈りたいと思います。

 

画像は今日の相楽園のイシガメたちの様子です。
合計,5匹,目視で確認されました。

 

 20131005_P1040074.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 5日 14:17 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その186

体育大会が終わりました。

 

いろんなドラマがあり,それぞれの想いがあり,
今年も,思い出のワンシーンとして記憶に残る,体育大会だったと思います。

 

お疲れ様でした。
それから,ありがとうございました。

 

2013年度・平成25年度の学園祭行事はすべて終了しました。

 

 

おまけの画像を2枚。
神戸山手に,あの恐竜と,逃走中のあのアンドロイド達,現る!

 

 

20131004_DSC_3232.jpg

 

20131004_DSC_3275.jpg

 


 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 4日 22:49 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その185

明日はいよいよ体育大会です。

 

午後,高校3年生の生徒たちが,明日のダンスの練習をしていました。

 

どんな感動を与えてくれるのでしょうか? 楽しみです。
(目指せ,情熱大陸!?)

 

保護者の方々も,ぜひご覧下さい。

 

ついでに「育友会 玉入れ」もよろしく。
集合のアナウンスがあったら,「速やかに,かつ潔く」集合です。 

 

20131003_DSC_2521.jpg

 

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 3日 16:17 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その184

今日は体育大会予行でした。

 

一生懸命,競技練習をしていました。
励ましあったり,アドバイスしあったり。
時には言い争いになるかもしれません。
でも,それは気持ちが入っているからです。
1つの目標に向かってみんなで協力し合うことを,学んでくれることと思います。

 

明後日の本番が楽しみです。

 

ちなみに画像は,玉入れの玉です。
生徒の競技だけでなく,「育友会・友松会 玉入れ」が午後の競技にあります。
この玉が,保護者の方々,そして卒業生の方々に投げ上げられることを待っています。

 

「育友会・友松会 玉入れ」の集合がコールされましたら,
すみやかに,かつ潔く,入場門近くにお集まり下さい。
(動きやすい服装で。当然,ヒールは厳禁です。足を踏まれると痛い...。)

 

子どもたちは,大人の姿を見て学びます。
頑張っているところを,子どもたちに見せつけましょう!

 

20131002_DSC_2513.jpg 

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 2日 17:04 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その183

ついに!

 

今日は10月1日です。

 

牛乳が値上げするとか,消費税8%に増税決定とか,いろいろありますが,
TACのつぶやきが,ついに半分を超えましたぁ↑↑↑

 

ということで,誰も祝ってくれないから,目出度いの鯛。


20131001_DSC_0026.jpg

 

投稿者:教務の先生 日時:2013年10月 1日 15:46 | トラックバック(0)