2020年3月アーカイブ

TACのつぶやき その702

激動の平成31年度・令和元年度が終わりました。
明日から令和二年度が始まります。

 

先日,娘に「新しいことにチャレンジするときに聴く曲は何?」と質問されました。
しばらく悩んで,スマホの音楽リストなどを見ながら,
Huey Lewis & The News の「The Power of Love」と返答しました。

 

大学生の時に観た映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)』(1985年)の主題歌ですが,映画を観ていなくてもご存じかな,と思います。
タイムマシンがデロリアン・モーター・カンパニーの自動車「DMC-12」だったことや,主演の高校生を演じるマイケル・J・フォックスが,実は25歳だったことなど,新鮮な驚きがいっぱいの映画だったことを覚えています。

 

またその後,マイケル自身がパーキンソン病を発病し,闘病生活を送る一方慈善活動にも積極的なのは有名なお話です。

 

明日から新生・神戸山手女子中学校高等学校が始まります。
明日は「The Power of Love」を聴いて出勤です。

0331_IMG_2787.jpg

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月31日 21:12 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その701

今日は午前は職員会議,午後は職員室の大掃除です。
職員会議の最後では,離任される先生方,職員の方にご挨拶頂きました。
ありがとうございました。
新天地でもご活躍を祈念いたします。

 

新型コロナウィルス感染症に関する情報が飛び交っています。
様々な方々の会見や記者発表,
感染を防ぐための科学的な根拠に基づく方法や???な方法,
芸能人やスポーツ選手の感染の話題など。

 

必要なことは正しいと思われる情報を選ぶことと,
流された情報の意図を読み取ること,などなど。
情報の受け手である私たちにも責任が求められています。

 

ところで,新型コロナウイルスの正式名称は,
「SARS-CoV-2(Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2)」とのことです。
ちなみに疾患の名称が「COVID-19(Coronavirus disease 2019)」です。

 

エイズウイルスの名称が「HIV(Human Immunodeficiency Virus・ヒト免疫不全ウイルス)」で疾患の名称が「AIDS(Acquired immune deficiency syndrome・後天性免疫不全症候群)」と比較すると分かりやすいのでは?

 

ちなみに「SARS-CoV-2」のゲノムサイズは29,903塩基しかないそうです。
ヒトのゲノムサイズは約30億塩基対(塩基数はその倍の60億)です。
60億が,たったの3万に負けるのです。生命現象はホントに奥が深いです。

 

0330_DSC_5406.jpg

通勤途中で見られるスミレ。頑張ってます。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月30日 21:32 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その700

先日の会議で,「シンギュラリティ」の話が出ました。
科学技術,特に情報工学分野の発展により,人工知能(AI:Artificial Intelligence)の研究開発が加速することで,我々の暮らしは豊かなものになると考えられています。
そして2045年には人工知能は人間の脳を超えるシンギュラリティ(singularity)・技術的特異点(Singular Point,Technological Singularity)に到達するといわれています。

 

現在の中高生は当然その時代を通過するわけで,なかにはまさに中高生の親になっている人もいるでしょう。あるいはキャリアを積んで,仕事をバリバリしている人もいるでしょう。
私たちはその「シンギュラリティ」を通過し適応できるような人材を育てなければならない訳です。

 

しかし,しかし,電子機器が大嫌いで,メカニカルなものを見ると心が落ち着く,超アナログ人間な私はそんな時代が来ないことを八百万(やおろず)の神々にひたすら祈る今日この頃です。

 

例えば,株の売買をAIによる完全自動で行った場合,AIがなぜこの株を買ったのか?という理由を,人間の頭で追跡することは不可能です。だってAIですもん。人間の頭で計算できるわけがありません。そしてその選択が最適解であるかどうかは,人間の能力では判断できないのです。
そのような時代を予見するようなSF(Science Fiction:空想科学小説)はたくさんあります。分かりやすいところでは,アーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Schwarzenegger)主演の「ターミネーター」(原題: The Terminator 1984年)の世界です。

 

ヒトが生命40億年の歴史の中でプログラムとして持っている感情(慈しみ,怖れ,等)を持たないAIが,たとえば某所某施設の事件のような行動を最適解として採択するという可能性を,私は否定できないと考えます。たとえ,その感情もプログラムとして持つことができたAIが完成したとしても,外的要因によって介入され,操作されていることがないと断言できるのでしょうか? これも人間の頭で追跡することは不可能です。だってAIだもん。人間の頭で計算できるわけがありません。

 

私は視覚で認識できないものを怖れます。
過程をトレースできない事象に恐怖心と不信感を持ちます。
「シンギュラリティ」や「ウイルス」が来ないことを祈るとともに,たとえ訪れたとしても,それらの恐怖心を持ちながら対応・共存できる柔軟性や判断力を持った人が求められ,育てなければなりません。

 

立ち止まってる時間はありませんね。

 

0329_DSC_0419.jpg

NikonD5500,
TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO(B016N)(300mm)
ISO800,f/13,1/200sec.,+1.0EV

 

「TACの画像日記」から,「TACのつぶやき」に移行して,ついに700回です。
自分を褒めたい。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月29日 18:54 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その699

今日は午前中に,保護者の会(本校では「育友会」と呼んでいます)の役員会に出席しました。
その他は,学校にいると時々生徒達の声が聞こえ,吹奏楽の練習の音が聞こえる,特に変化の無い日常です。
出退勤の道中も,なんだかヒトが少ないな...,と感じるぐらいです。
ウイルスの脅威はすぐそこまで迫っていることになかなか気づけないです。

 

ウイルスと言えば,高校生時代,映画「復活の日(英題"Virus")」を観たことを思い出します。
原作は小松左京氏で1964年!
主演は草刈正雄,ヒロインは映画「ロミオとジュリエット」で話題になったオリヴィア・ハッセー(Olivia Hussey)でした。MM-88という細菌が蔓延し,南極で越冬する調査隊のみが生き残る,という物語です。
漫画では,星野之宣氏の「ブルーシティー」です。陸上で謎の疫病が蔓延し,海底都市の「ブルーシティー」の住民のみが生存する,という物語です。
ダスティン・ホフマン主演の「アウトブレイク」(1995年)も細菌兵器でした。

 

その他,ゾンビみたいになったりとか,いろんな映画があります。
最近のTVドラマではTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放映された山下智久主演の「インハンド」(2019年4月12日~6月21日)のEPISODE.9~11でしょうか。

 

いずれのドラマも最終的には主人公らが生き残るハッピーエンド(あるいはそれに近い)です。
でも忘れてはいけないのは,その物語の中で多くの方々が亡くなっているということです。
フィクションでは,リアルあるいはリアルに近い部分は無視され,大きく取り上げられることはありません。

 

ノンフィクションは甘くは無いと思われます。

 

0328_DSC_2359.jpg

ウイルスか菌の写真をと思ったのですが,ありませんでした。
代わりに,ウニのプルテウス幼生の顕微鏡写真です。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月28日 22:21 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その698

年度末です。

 

ただでさえ,年度末は新年度の準備で忙しいのですが,さらに新年度から新体制ということもあり,輪をかけて忙しくなっています。さらに,さらにこのコロナ騒ぎ。

 

まさしく正解の無い問題です。
様々な情報を収集し,その中で最適解を探し,そして決断する。
これからの社会で要求される資質なのですが,難しいです。

 

月末にも,本校の学校行事等についての連絡をする予定です。
本体のwebを見て頂けると幸いです。

 

20200326_698.jpg

良い画像が無いので,最近の我が家のギリシャリクガメの「アテネ」ちゃん。
ひっくり返って,餌皿にはまってしまいました。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月27日 21:23 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その697

合格者招集です。
今日の合格者招集は,一次専願ではないので,本校が第1希望では無かった受験生のみなさんです。

 

15年とはいえ,人生いろいろ。山有り,谷有りです。

 

そんな中,説明会で個別相談をした生徒さんに会いました。
彼女は将来の進路を考えていて,ある方面に進学したいと話してくれました。
その進路を叶えるために第1希望校を決め,併願校を探している,というような話だったと思います。
その際,「本校ではこんなサポートができますよ!」「卒業生にこんな生徒がいました。」
と教員二人がかりで説明したことを覚えています。
そして調子に乗って「待ってますよ。」と言ってしまったような気がします。
すみません。

 

でもある意味,本音です。
目標や夢を持っている生徒さんは大歓迎です。一緒に夢を叶えるために頑張りましょう。
応援します。お手伝いします。

 

目標や夢がまだ持てていない生徒さんも大歓迎です。一緒に夢を見つけましょう。
応援します。お手伝いします。

 

ようこそ,神戸山手へ。
今日という日を,一つの転機と考え,充実した3年間にして頂けると何よりです。

 

0326_IMG_2767.jpg

咲きました!
(朝撮影。昼過ぎにはもっと開いていました。)
とりあえず,無観客開花は免れた?!

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月26日 20:53 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その696

今日は高校二次入試が行われました。
二次入試は,教科試験(音楽科はプラス実技試験)と,面接があります。
普通科の面接を担当しました。
受験生は,こちらの質問にハキハキと応えてくれました。
ときどき返答によっては微笑ましくてニヤニヤしてしまいましたが,
感染拡大予防のためにマスクをしていたので,そのニヤニヤを直接見られてはいないと思います。

 

明日は高校併願受験と今日の二次入試の合格者招集です。
専願の合格者招集は出張に出ていて新入生にお目にかかることができなかったので,明日が楽しみです。

 

0325_IMG_2761.jpg

もう一息です。

明日は正門階段のチューリップが,開花して出迎えてくれるかも知れません。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月25日 22:15 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その695

「クラスター」「ロックダウン」「オーバーシュート」などなど,カタカナ用語が多いと,某大臣が苦情を呈したらしい。

 

私は昨日から今日にかけて,ICT関係の会議で,アルファベットとカタカナの暴風に巻き込まれ,混乱の渦へと突き落とされました。

 

ただ,日本語は外来の言葉をカタカナで表現することで容易に吸収できることから,今日の科学の発展があったとも言えます。
ただ問題点は,そのまま海外で言っても伝わらないコトですね。「ウイルス」なんて言っても通じないよ。

 

0324_DSC_0003.jpg

春は近いが,春を楽しむには遠い今日この頃。
NikonD5500,
TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 DiII VC PZD MACRO(B016N)(125mm)
ISO400,f/6,1/2500sec.

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月24日 21:51 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その694

今日も会議会議の一日でした。

 

高校生は教科書購入と言うことで,時差登校。
その後は部活動でした。
2時間という制限付きで,不完全燃焼でしょうが,時間を大切に集中した活動をしてもらえると幸いです。

 

そして昨日の予告通り,諏訪山の開花宣言!
朝はまだまだでしたが,午後には咲き始めました。

0323_IMG_2757.jpg

2020/03/23 17:45
Canon PowerShot SX720HS
ISO250,f/5.6,1/160sec.

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月23日 21:08 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その693

今日は完全休日を頂きました。

 

その結果。

 

...完全にネタ無しです。
以前,2013年4月から,2014年3月まで,
「毎日blogにアップする」にチャレンジしました。
その時は毎日毎日何を書き込むか,24時直前まで悩みに悩んで文章と写真を考えていました。
またblogにアップする目的で撮影にも行きました。
今,読み返してみると,結構,固い内容の文章を書いていますね。驚きです。
内容はほとんど覚えていないのですが,自分で自分に課したミッションが辛かった記憶は鮮明です。

 

とりあえず,休校期間中は,ちょっとでも学校のことが伝わるようにと2月29日から続けていますが,すでにGive up!です。

 

明日は会議,部活,会議の予定です。
なんかネタが転がっていたら良いのに...,と思っています。

 

0322_DSC_0404.jpg

明日は諏訪山の桜便りを伝えることができるでしょうか?

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月22日 21:24 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その692

暖かい日が続きました。

 

結果,中学1年生が植えてくれたチューリップがぐんぐん伸びています。

 

このままでは,無観客開花を迎えてしまいます...。

0321_IMG_2713.jpg

今朝のチューリップの様子です。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月21日 21:52 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その691

なんだか雲行きが怪しくなってきました。

 

私の実家は大阪なんですけど。
往来自粛!はちょっと困ります...。

 

また再開した兵庫県立美術館がまた,一時閉館してしまいました。
残念です,ゴッホ展。

 

ちなみにゴッホと言えば,スヌーピーですね。
スヌーピーがゴッホの絵を所蔵していたというエピソードは周知の事実です,よね?!
ただスヌーピーの家は1966年9月19日に一度不審火で全焼しています。
(ルーシーはベットでタバコを吸ったからと推理しています。)
その際,ゴッホの絵は消失したと思われます。
ちなみにスヌーピーの家は10月4日には再建されています。

0320_DSC_2438.jpg

なんか,取り留めも無く,強引なつぶやきだ。)

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月20日 22:48 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その690

webの本体の「行事報告」にもありますが,本日,中学卒業式を執り行うことができました。
皆様のご理解とご協力に感謝いたしますとともに,お礼申し上げます。

 

在校生もいなく,
来賓の方々に来て頂くこともできず,
練習した合唱もできませんでした。

 

その代わり,放送部のアナウンスではなく,山本先生のアナウンスと,
担任による呼名で卒業証書の授与が行われました。
某担任は,1階職員室に来ても呼名の練習をしていました。

 

次は新入生を迎える入学式。
みんなで迎えることができる従来通りの式典を開催できることを祈っています。

 

20180327_IMG_0066.jpg

2018/03/27 11:08
Canon PowerShot SX720 HS
ISO80,f/4,1/400sec.,-0.7EV

 

講堂舞台のカーテンが新調なったことをこのblogで紹介しようと,卒業式のついでに撮影したのですが,なぜか「行事報告」で使われてしまいました。
予定が狂ってしまいましたよ...。何事も思い通りにはいかないものですね。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月19日 22:18 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その689

久しぶりに校内のあちこちから,生徒の歓声が聞こえてきました。

 

正門前で登校する生徒達を1時間余り出迎えていたのですが,
多くの生徒達は晴れ晴れとした顔をしていました。
(久しぶりの坂がきついという生徒も...。きっと自宅待機で運動不足だったのでしょう。)

 

また生徒の登校風景を見た登山の方々にも,頑張ってください,など温かい声援も頂きました。
ありがとうございます。

 

何気ない日常の大切さを,改めて感じました。

IMG_2644.jpg

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月18日 21:26 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その688

明日は久しぶりの登校日です。
3月2日(月)の休校から17日ぶりです。

 

まず朝起きてから体温を測りましょう。
平熱より高ければお休みしましょう。
咳やのどの痛みがあっても同様です。
学校に着いたら,手洗いとうがいをしましょう。
手をハンカチやタオルで拭いてから,洗面にある除菌用アルコールを使いましょう。

 

距離感も大切です。
「おしくらまんじゅう」は禁忌です。

 

講堂での終業式も,退職される先生方の離任式もできませんが,
明日生徒の皆さんと会えるのを楽しみにしています。

 

0317_DSC_3743.jpg

2019/04/01撮影
桜はまだ咲いていません。ご安心を

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月17日 21:03 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その687

今日は3月18日(水),19日(木)の予定に関して,webやClassiで連絡をさせて頂きました。

 

皆さんもきっと感じておられると思います。
「いつまでこの状態が続くのだろう?」
「いつまで我慢しないといけないの?」

 

残念ながら,誰一人としてこの答えを持っていません。
こんな時,「神のみぞ知る」というでしょうが,神様ご自身もご存じないかもしれません。

 

しかし,欧州のある国と比較したとき,日本は比較的穏やかに推移しているように見えます。
この後,大きな波が来るのかも知れませんが,乗り越えられるように協力し合えると良いですね。

 

0316_IMG_2642.jpg

遅ればせながら,マイブームの「すみっこぐらし」。「うみがめ」さんです。
特別に,感染予防のマスクしてます。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月16日 21:12 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その686

今日はお休みです。

 

朝から録り溜めていたドラマを観ました。
「知らなくていいコト」の最終話2話です。
あるシーンでカメが出てきました。ニホンイシガメですね。
ミシシッピアカミミガメでなくて嬉しかったです。

 

その後は「がっちりマンデー」と「サンデーモーニング」と続いていきました。
スポーツのところでゲスト解説に達川光男氏が登場しました。
広島商業で1973年の春の選抜と夏に出場し,夏は優勝したとのこと。
選抜高校野球が中止になった話題のところで,
「春の選抜で,女学生が歌う大会歌を聞いて涙が出た」というようなお話をしてくださいました。
コメント,ありがとうございます。
「神戸山手女子高校」って言ってくれていたら,もっと嬉しかったのですが...。
出場校(予定だった)に,何らかの形でお届けできると良いのですが。

 

0315_DSC_2227.jpg

またまた2018年の選抜開会式の画像です。
(残念ながら2019年は諸事情により撮ってないんです。)

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月15日 17:40 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その685

休校が続いていますが,今日は某学年が集まって,パソコンと分厚いデータ本を持って職員室を出て会議へ。
思わず「来年の体育大会のメンバー決め?」とチャチャを入れてしまいました。

 

ところで,兵庫県と神戸市が相次いで,学校等の休校延長,各施設休館延長を表明した結果,
来週末に神戸市立須磨海浜水族園で予定されていた,スマスイ・サイエンスカフェ第60弾「水族館を楽しむ」が中止になってしまいました。

 

講演者は,スマスイ前園長であり,現・学術研究統括・岡山理科大学生物地球学部の教授の亀崎直樹先生の予定だったのですが...。
残念でなりません。

 

今まで,ウミガメ,カワイルカ,クジラ,ホンソメワケベラ,マンボウ,ハリガネムシ,などなど数え上げるときりが無いほど多種多様な生物の不思議を第一線の研究者が,スマスイの大水槽前で解説してくれる,とっても楽しいイベントだったのですが...。
次回は開催されるのでしょうか? 心配です。

 

0314_DSC_4145.jpg

サイエンスカフェはこんな感じのお洒落なイベントです。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月14日 21:53 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その684

今日は各教科の会議が行われました。
1年間の総括と,来年度に向けての打ち合わせです。
その他,学年会なども行われていました。

 

週明けの中学卒業判定会議と,進級判定会議の打ち合わせや資料作りも行われていました。

 

忙しく打ち合わせなどをしている一方,私の頭は宮城県にふわふわ飛んでいたかも知れません。

 

ブルーインパルスが五輪のマークを,カラースモークで描くとのことです。

 

周辺への影響があるとのことで,ずっと昔に使われていたカラースモークを,白にしていたらしいのですが,この度,影響が無いカラースモークが開発されたそうです。

 

宮城の松島基地へ見に行きたい...。

20191208_DSC_0199.jpg

ブルーインパルス第三・第四区分課目「さくら」

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月13日 20:57 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その683

いろいろな大会やイベントが中止や延期になっていく中,選抜高校野球も中止が決まりました。
開会式で「今ありて」を歌えないこともですが,それよりも大変な練習を重ねて全国大会出場を勝ち取った高校球児達の気持ちを思うと残念でなりません。
しかしこれは高校野球に限ったことだけで無く,その他様々な競技や演奏会・コンクールも同様です。

 

自然の強烈さ,ヒトの慢心と儚さ,などなど,改めて考えさせられます。

 

ところで,今日は良いお天気でした。

 

南館裏のカメ池の様子を見に行く途中,野鳥が飛び立ち,SKYROOMの窓に激突してしまいました。

 

しばらく様子を見ていたのですが,「脳震盪」?なのか身動き出来なさそうでした。
骨折等の外傷が無かったので,日当たりの良いところに移動させて様子を見ていると,ようやく飛び立ってくれました。無事で良かったです。

0312_IMG_2630.jpg

手乗り「シロハラ」と思われます。

0312_IMG_2633.jpg

近くでは「ジョウビタキ」もさえずっていました。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月12日 20:39 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その682

3.11です。

 

ご冥福をお祈りいたします。
また被災された方々には心からお見舞い申し上げるとともに,復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

 

IMG_1799.jpg

奥の院 画像正面の英霊殿手前の左右に,阪神淡路大震災と東日本大震災の慰霊塔があります。
ほぼ毎月,通るたびに手を合わさせて頂いていますが,気が引けて写真は撮っていません。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月11日 20:05 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その681

生徒の皆さんがいなくても,仕事は色々あります。
成績処理を始め,来年度の準備。さらに某テニス部顧問とコーチが,テニスコートの心配をしていました。明日,ローラー掛けをしようかと相談していました。

 

コロナウイルスの感染が広がる中,ライブ会場での感染が職員室でも話題になっていました。
「妙に,年齢層が高い。どんなアーティストなんだ?」と。
報道されているグループ名を聞いても,縁のない私なぞは全く心当たりがありません。
でも,そういえば,年齢層の高いライブに行っていたなぁと,思い出しました。
それは数年前,前任校(初めて勤務した高校)の当時の生徒会長・副会長と,あるアニソン歌手のライブに行ったことです。以前から誘われていたのですが,会場が江戸だったので断っていましたが,大阪でのライブというのでお付き合いしました。50代のおっちゃんが,同じく40代のおっちゃんに「先生です」と紹介されながらサインを頂いたのはちょっと恥ずかしかったです。
でも大きなコンサートとは違って,100名足らずの小さなホールでのライブは,歌手の方と観客との一体感が何よりも楽しい時間でした。

 

この一体感が,結果として感染を広げてしまうことが残念でなりません。

 

感染のリスクを減らすという理由で,
マスク着用,
お互いに距離を取り合う,
テレワーク,
動画配信・webドリル,
などなど。
ヒトとヒトとの関わりに「距離を開けることがエチケット」という状態が世の中に定着してしまわないことを願います。

 

IMG_2622.jpg

音楽棟近くの旧門にスイセンの花が咲いていました。
誰が植えたのでしょうか??

IMG_2623.jpg

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月10日 18:31 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その680

ネタに困ってきました。
午前中から会議がたくさんあったので,つぶやきの準備まで気が回りませんでした。
学校再開・中学卒業式,来年度の「探究学習」等の打ち合わせなどでした。
予定では3月18日(水)からとなっているのですが,今後の動向によってどう変わるか,まったく不透明なので,いろんな場合を想定する必要があります。
外出を控えるなど,窮屈な思いをしていることと思いますが,規則正しい生活をして,学校再開に向けてのリズムを崩さないようにしましょう。

 

ところで,3月9日(月)です。
酢酸の日。
ありがとうを届ける日(サンキュウ)。
佐久ケーキ記念日(長野県佐久市)
記念切手記念日
など,いろいろあるようですが,なんと今日は「バービーの誕生日」だそうです。

 

1959(昭和34)年のこの日,ニューヨークで開催された国際おもちゃフェアでマテル社がバービー人形を発表した,とのことです。
お家にバービー人形があるご家庭は,お誕生日を祝ってあげてください。
(我が家にはありません。たぶん)

 

680 DSC_0238.jpg

バービー人形の画像もないので,昨日の使い回しです。
2020/03/08 14:53
Nikon D5500
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR(500mm)
ISO3200,f/7.1,1/1250sec.,+0.7EV

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 9日 21:35 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その679

お休みを頂いた,日曜日。
朝からの雨が止んだので,ちょっとお散歩をしました。

 

そろそろ梅が咲いているかな?と思い,岡本梅林公園へ。
咲いている樹は少なかったのですが,紅梅が満開でした。

 

ちょっと気になったのが,怪しい姿で写真を撮っている私の近くを通る人達は口々に,
「あっ,ウグイス」...。メジロなんですけど...。

 

DSC_0272.jpg

2020/03/08 15:08
Nikon D5500
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR(500mm)
ISO3200,f/7.1,1/1250sec.,+0.7EV

 

DSC_0137.jpg

正面にらめっこ
2020/03/08 14:04
Nikon D5500
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR(500mm)
ISO2500,f/6.3,1/640sec.,+0.7EV

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 8日 19:43 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その678

土曜日です。

 

普段では吹奏楽部の音や運動部のかけ声などが聞こえるのですが,まったく静かでした。
でも,ウグイスのsingがはっきり聞こえました。私の観察では,初音です。
もう春ですね。

 

ついでに相楽園に行ってきました。

IMG_2603.jpg

残念ながら,出店したかった3月22日(日)の「相楽市(たいたのしむいち)」も中止とのこと。
PRのチャンスが無くなってしまい,残念です。
でも相楽園は開園しています。ぜひ入園して,ニホンイシガメの姿を探してください。
目視などした場合は,学校まで連絡をお願いします。

 

IMG_2614.jpg

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 7日 21:43 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その677

今日は,classiによる健康アンケート配信第2回目でした。

 

1日目は,「アイディーがわかりません」「パスワード忘れました!」などなどがありましたが,今回は比較的スムーズでした。ただし回答が無いので電話連絡を取ると「寝てました」というお返事も。
たしかに自宅待機で課題や自習と言われてもなかなかできないものでしょう。
残念でなりません。
幸い,高熱等の要注意の生徒はいませんでした。

 

その一方で,国公立前期試験の吉報の連絡がありました。
よく頑張りました。おめでとうございます。
まだまだ頑張っている生徒もいるので,気を抜かずに健康に注意して乗り越えて欲しいものです。

 

その他は,天気も良く,のんびりした?一日でした。
教科によっては,今年度の反省と来年度の指導計画を,時間が充分あるのでブレストしているところもあります。
新年度のスタートダッシュが楽しみです。

 

私は?といえば,イシガメの水槽掃除と餌やりです。
面倒を見てくれる生徒がいないので...。

IMG_2602.jpg

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 6日 23:21 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その676

今朝,MBSの取材がありました。
「センバツ開会式が中止」になったことでのコメントを収録に来られました。

 

本校が春の選抜高校野球の開会式で,大会歌を合唱するのは,第27回大会・1955年(昭和30年)からのようです。
当初は2代目大会歌「陽は舞いおどる甲子園」(作詞:薄田泣菫,作曲:陸軍戸山学校軍楽隊)を合唱していましたが,第65回大会・1993年(平成5年)から現在の「今ありて」(作詞:阿久悠,作曲:谷村新司)になりました。
選抜高校野球開会式に限っていえば,1955年から連続65回出場を誇っていたのですが,66年目で途切れることになってしまいました。

 

大会については11日に次の判断をするとのことですが,これもまた賛否両論,いろいろな意見があるでしょうが,温かく見守りたいと思います。

 

「やらない理由・できない理由」をあげるよりも,「やる方法・できるようにする方法」を考える姿勢の方が,私は好きです(自分がそうできているかは触れないことにして)。

 

IMG_2596.jpg

幻になってしまった入場用のリボンと,行進曲「パプリカ」のCD。
そして全校コーラスで使う「コーラスアルバム」。
別の機会でもいいから,「今ありて」を全国に披露することができればいいのに...
と願っています

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 5日 20:53 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その675

本来であれば,今日から高校普通科1年生が,ニュージーランドとシンガポール,北海道の3方向に分かれて研修旅行に行く予定でした。
残念です。

 

それに追い打ちをかけるように,選抜高校野球開会式の中止が発表されました。
全国に春の訪れを大会歌「今ありて」で伝えたかったですね。

 

ということで,今日はこれでおしまい(;∀;)

 

DSC_0065.jpg

 

DSC_0155.jpg

 

DSC_0171.jpg

画像は2018年3月23日第90回記念大会のものです。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 4日 20:35 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その674

今日は,ひな祭り,桃の節句,です。

一般社団法人 日本人形協会のweb

(https://www.ningyo-kyokai.or.jp/sekku/momo.html)に,次のような解説がありました。


----------------------------------------
ひな祭りの意味
 三月三日のひな祭りは、正しくは上巳(じょうし、じょうみ)の節句といいます。三月の初めの巳の日という意味ですが、のち三日に定まり、また、ちょうど桃の季節なので、今では桃の節句という美しい名で親しまれています。


 人形(ひとがた)、あるいは形代(かたしろ)と呼ぶ草木あるいは紙やわらで作った素朴な人形に、自分の災厄を移して海や川に流した祓いの行事と、平安時代に始まるお人形遊び(ひいな遊び)とが、長い間に結びついたのが、現在の「ひな祭り」です。


 ひな人形には、生まれた子どもがすこやかで優しい女性に育つようにとの親の願いが込められています。ひな人形をその子の形代と考えて、どうぞ災いがふりかかりませんように、また、美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますようにという、あたたかい思いを込めて飾ります。
----------------------------------------


先月半ばに「ソーシャル・ビジネス・アイデア・プレゼンテーション(SBIP)」での高校生の発表を聴くために,品川女子学院を訪問させて頂きました。その際,学校の玄関に雛飾りが置かれていました。

DSC_5245~01_00001.jpg

 

 

ちなみに本校で所蔵されている雛人形はこれです。

IMG_2595.jpg


昭和14年に,11回生の卒業記念に贈られたもののようです。
しかし残念ながら,それ以上のことが記録に残っていません。またかなり痛んでしまっています。
可能であれば,修繕してあげたいと思うのですが,どのお店に相談すれば良いのか,また費用の捻出はどうするのか,などなど悩みは尽きません。この「つぶやき」をご覧になった方で情報をお持ちの方は,ご連絡頂けると幸いです。

 

それはさておき,何よりも残念なのは,学校で,このお雛様を見ながらお祝いすることができないことです。


投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 3日 15:56 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その673

休校実施後の1日目です。
授業がないので,今日は一日会議三昧でした。

 

まず1つめは校務運営委員会という名称の会議。
今日の議題は,休校処置に伴う成績評価関係,行事関係等の審議です。
2日間のテストを実施できなかったので,その評価と出席日数をどのように取り扱うかを検討しました。
前例の無いことですので,教務規定と照らし合わせ,なおかつ生徒達の不利にならないようにどう評価するかを相談しました。さらに3月の行事の見直しです。ただし今後の動静でどのようになるのか非常に流動的なので,その都度見直しになるでしょう。

 

午後からは職員会議です。
朝からの校務運営委員会で決定した内容について連絡と確認です。
その他,各担当部署からの連絡もありました。
またclassiによるアンケート配信と集計の方法について,レクチャーがありました。

 

その他に,各学年の会議や,来年度の「探究活動」についての会議(というよりはブレストって感じです)が行われました。
生徒の皆さんがいないのですが,それなりに忙しい一日でした。

 

IMG_2593.jpg

ハクモクレンが開花していました。春近し。

2020/03/02 17:45:36
Canon PowerShot SX720HS(90mm)
ISO800,f/5.6,1/60sec.

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 2日 20:49 | トラックバック(0)

TACのつぶやき その672

3月になりました。
本日は,お休みを頂き,不要不急の外出を避けた結果,一歩も外出しませんでした。
私にとって,非常に希有なことです。

 

巷では,コロナウイルスの検査が問題になっています。
そもそもリアルタイムPCRとは?

 

実は,本校の(仮)カメら部 イシガメ保全プロジェクトは,ニホンイシガメの環境DNAの定量を行っています。
環境DNAとは,環境中に存在する,生物の排出物に含まれたり体から脱落した細胞のDNAのことです。
相楽園の池に含まれるニホンイシガメの環境DNAを抽出して定量する研究にチャレンジしています。

 

方法は,池の水をくみ,タンパク質分解酵素でDNA以外を分解し,DNAだけをフィルターに吸着させます。
最後にフィルターに吸着されているDNAを溶かして取り出し,試料とします。
ただしこの試料には,いろいろな生物のDNAが非常に少量ずつ混在しています。

 

そしてこの様々なDNAの中からニホンイシガメだけのDNAを増幅させます。

 

一般のPCR(polymerase chain reaction ポリメラーゼ連鎖反応)は,
増幅させたい生物のプライマー(DNA増幅の起点)とDNA合成酵素,4種類のヌクレオチドを加えて,温度を変化させます。
95℃(DNAの解離)→55℃(プライマーの結合)→72℃(DNAの合成)の1サイクル3分でDNA量が2倍になります。
あとはこれを繰り返してDNAを増幅させます。10回繰り返すだけで1,024倍,20回繰り返して1,048,576倍に増えます。

 

そしてリアルタイムPCRは,4種類のヌクレオチドに蛍光物質が結合しており,その都度吸光度で定量できるという優れものです。

(仮)カメら部は神戸大学の源先生の研究室で,このリアルタイムPCR用の試料を作り,分析してもらっています。
(ちょっと自慢。)

IMG_0665.jpg分析用の試料を作っています。

IMG_0693.jpg白い箱がrtPCRの機械でパソコンで操作します。

 

ただコロナウイルスは,DNAではなくてRNAを遺伝子として持っているので,たぶん逆転写酵素でRNA→cDNA(一本鎖のDNA)→DNA(2本鎖)にする必要があると思われます。このような手間が増えるだけでなく,当然ウイルスなので感染の危険もあるでしょうから,安全な場所での操作が必要です。
ということで,かなりの時間がかかるのも頷けます。
事故の無いよう,無理の無いよう,検査が行われることを望みます。

投稿者:教頭先生 日時:2020年3月 1日 22:34 | トラックバック(0)