TACのつぶやき その676

今朝,MBSの取材がありました。
「センバツ開会式が中止」になったことでのコメントを収録に来られました。

 

本校が春の選抜高校野球の開会式で,大会歌を合唱するのは,第27回大会・1955年(昭和30年)からのようです。
当初は2代目大会歌「陽は舞いおどる甲子園」(作詞:薄田泣菫,作曲:陸軍戸山学校軍楽隊)を合唱していましたが,第65回大会・1993年(平成5年)から現在の「今ありて」(作詞:阿久悠,作曲:谷村新司)になりました。
選抜高校野球開会式に限っていえば,1955年から連続65回出場を誇っていたのですが,66年目で途切れることになってしまいました。

 

大会については11日に次の判断をするとのことですが,これもまた賛否両論,いろいろな意見があるでしょうが,温かく見守りたいと思います。

 

「やらない理由・できない理由」をあげるよりも,「やる方法・できるようにする方法」を考える姿勢の方が,私は好きです(自分がそうできているかは触れないことにして)。

 

IMG_2596.jpg

幻になってしまった入場用のリボンと,行進曲「パプリカ」のCD。
そして全校コーラスで使う「コーラスアルバム」。
別の機会でもいいから,「今ありて」を全国に披露することができればいいのに...
と願っています

教頭先生 2020年3月 5日 20:53 | トラックバック(0) |

トラックバックURL: http://kobeyamate.com/mt/mt-tb.cgi/1070